捻挫(ねんざ).com

病院 整形外科

捻挫をした時は、整形外科に最初にかかったほうが良いとされています。整形外科では、レントゲン撮影、超音波検査をすることが出来ます。捻挫したと思っていても、骨折をしている可能性もあります。そして、超音波検査で、靱帯の損傷具合を確認することが出来ます。手首の捻挫は、特に注意が必要です。手首は、関節と靱帯が複雑に構成されており、軽い捻挫だと思っていても、骨折をしている場合も多いでのです。初期段階に、きちんとした治療を行うためにも、捻挫の程度を知るためには、整形外科に行くのが良いでしょう。

整形外科の大きな特徴は、レントゲン撮影と超音波検査が出来ることです。この2つは、捻挫の程度を知るために、必要な検査になります。包帯やテーピングの固定で治る捻挫か、手術を必要とする捻挫かを知ることができます。捻挫の程度をしっかりと知ることで、医師も治療方針を決めやすくなります。

幼い子供は、捻挫をしたときに、同時に骨折もしている可能性が高いです。骨折に気付かずに、治療を進めてしまうと、中学、高校に入学したときに、スポーツをする際に、制限が出てきてしまうこともあります。大人の捻挫でも、靱帯の損傷具合を把握して、適切な治療を受けなくては、靱帯が緩んだ状態になり、捻挫を繰り返してしまうことになります。捻挫をした時は、きちんと捻挫の程度を把握し、適切な治療を初期段階に施さなくては、完治が難しくなります。

整形外科でも、リハビリは受けることが出来ます。特に、大きな整形外科では、理学療法士の指導のもと、牽引、電気療法、温熱療法、筋肉強化などのリハビリが可能です。スポーツをする人にとっては、リハビリは非常に大切になってきます。理学療法士は、リハビリの専門家です。きちんとリハビリを受けたい人は、理学療法所がいる整形外科に通ったほうが良いでしょう。 ちなみに話は変わりますが助産師に人気の求人サイトを紹介しておきますね。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 捻挫(ねんざ).com All Rights Reserved.