捻挫(ねんざ).com

捻挫の治療 湿布

捻挫をしたときは、冷湿布を使用します。しかし、捻挫した直後は、アイシングをすることが大切です。捻挫をしたから、すぐに湿布を貼るというのは、正しい対処法ではありません。捻挫をしたときは、冷やすことが確かに必要です。しかし、湿布は、冷却温度を自分で調節することが出来ません。また、温度も適温ではありません。ですが、屋外で捻挫をしてしまい、氷や冷水がなく、湿布しかない場合は、湿布を患部に貼っても構いません。基本は、アイシングであることを覚えておきましょう。

冷湿布にも、温湿布にも、鎮痛炎症剤の効果があります。しかし、捻挫をした時は、温湿布は、使いません。冷湿布は、患部が炎症していて、赤く腫れあがったときに、熱を取り、患部の細胞がそれ以上壊されて、痛みがひどくならないようにするときに使います。温湿布は、温泉の効果書きに書いてあるような症状のときに使います。アイシングをして患部を十分冷やしても、患部が炎症している捻挫に使用するのは、冷湿布です。捻挫は、急性の熱を持ち、炎症を引き起こしているという症状があります。このような急性のものは、温めてはいけません。

湿布を貼っているときの注意点は、“かぶれ”です。炎症がひどいと、湿布を貼っている時間が長くなります。しかし、1日中、湿布を貼っている日々が続くと、湿布により、肌がかぶれてしまうことがあります。湿布を貼る時は、かぶれないように気を付けなくてはいけません。

また、捻挫は、お風呂などで温めてしまうと、痛みを増すこともあります。捻挫したその日は、お風呂を避けた方が良いと言われていますが、捻挫が完治するまで、お風呂に入らないというのは、キツイものです。お風呂に入り、痛みを感じたときは、湿布を貼って、炎症を沈めましょう。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 捻挫(ねんざ).com All Rights Reserved.